good LIFE STORE

東京都代官山のセレクトショップ

 03-6809-0998

good LIFE STORE

営業時間11:00-20:30
年中無休(年末年始を除く)


〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-34-15
ヒルズ代官山103号
Eメール: on@goodlifestore.co.jp

VANSON 入荷したのに!??

   

VANSON

WEB SHOPはこちらからも見れますhttp://goodlifestore.shop-pro.jp

img_6417

レザー好きの方なら1度は耳にするレザーブランド

レザーって カッコイイ!と思って頂ければ最高です('ω')ノ

しかし!!今回の入荷は1点のみです!!!!

そして、タイトルが気になった方!

ウチのボスが欲しがっています(笑)

(注・かなり気にいってます)

僕が必死で止めていますので(-_-)/~~~ピシー!ピシー!(´・ω・`

なるべく早めに見にいらしてください!!

お店に来て、ボスが最高の笑顔で着ていたら

完売です・・・・・

そんなことあるの!?なんて 言われそうですが

(´・ω・`)まじっす!

img_6419

本題に戻り、圧倒的な存在感を出すレザー!

街で大人の方がサラッと着こなしていると

おお! あの人カッコイイなと純粋に思います

特に今回のVANSONは大人の方が楽しめるシンプルな使用にしており

ライダース特有の強めの印象をなくす事で どのスタイルにもあう

デザインになっています(^^)/

img_6418

ラインの綺麗さもありますが 皆様 このレザー牛革です

牛革って硬い!なじむまで時間がかかる!

このような印象は 全くありません! どういう事か!

それは 鞣しの技術がすごく まるでラムレザーの様な質感

非常に柔らかいのでラムと勘違いするほどです

袖を通した瞬間に欲しくなります(ボスは着る前から)

img_6429

僕も着てみました! なにこれ! 本当に良い!(笑)

これは欲しくなります(=゚ω゚)ノ

img_6426

img_6432

img_6434

僕もレザーは数枚持っていますが

着るとやっぱりほしくなりますね(*'▽')ホシイ

 

img_6437

img_6446

img_6445

img_6443

img_6442

img_6441

img_6444

何度も言いますが ボスが笑顔で着てたら完売なので

お早目に~(^^)/

1975年、マサチューセッツ州の首都ボストンで誕生した「バンソン」。それまで名を馳せていたレザーブランドが低迷し、業界では暗黒の70年代とまで言われていた当時、ボストン大学で経営学を学んだMichael Van De sleesen氏(当時22歳)が、彼の名を略したVanson Associates Incを設立。最新のテクノロジーを積極的に取り入れ、品質にとことんこだわったバンソンのレザーウエアは、地元ボストンのレースシーンを中心に徐々に需要を高めていきました。
順調に進んでいたMichaelのビジネスですが、オイルショック(1978年)から続いた不況の影響を受け、1983年には倒産の危機に立たされます。しかしその翌年、本拠地をマサチューセッツ州サザンランドに移し、Vanson Leathersとして見事復活。さらに同州クインシーに移行した1980年代後半、ヨーロッパや日本からの需要も急激に加速、バンソンは最高級レザージャケットメーカーとして不動の地位を築きます。ちなみにこの頃の日本需要が、いわゆる“渋カジ”というファッションシーンの流れで、日本での知名度も爆発的に上がりました。しかし、ブームが去ったその後も、バンソンの持つブランドイメージや、そのクオリティの高さに魅了される人は多く、品質にこだわるレザーファンを中心に圧倒的な人気を誇っています。

■革

バンソンの一番の魅力とも言えるのが、非常に重厚で、独特の艶を放つレザー。そのメインとなるのは全て手作業による加工が施されたトップグレンカウハイド。まず初めに行われるのが、皮表面の繊維状たんぱく質を溶液につけ、網状組織に固める作業「なめし」。バンソンの革は1800年後半に開発された「クロームなめし」という方法を採用しており、なめらかで美しい仕上がりが特徴。また、耐久性、伸縮性に優れた革が出来る為、ライダースにはよく使われますが、熟練した職人によるバンソンのなめしは、他のそれとは明らかに違います。
次の工程はドラム染め。なめされたレザーを12"×12"のドラムに入れ、6時間以上かけてオイル、染料、お湯と混ぜ合わせます。この作業で革に色味と栄養分を浸透させ、それらをより強く、柔軟にします。その後、表面に磨きをかけ、何度もワクシングを施し、その革が持つ特性を最大限に引き出します。最後にトップコーティングと呼ばれる仕上げ加工が施され、光沢があり、重厚なバンソンレザーが出来上がります。
この後、カッティングに入る前に何度も品質チェックを行い、基準に満たない革は取り除かれます。こうして厳しい基準をクリアしたベストなレザーのみが製品に使われるのです。

■人々
バンソン社が創業以来頑なにこだわっているのが、自社工場の熟練した職人達によるハンドメイド。工場にはおよそ150人のスタッフがおり、それぞれの経験年数は平均8年以上。トータルで1200年の経験が一枚一枚のジャケットに注ぎ込まれているのです。ジャケットを組み立てるのに、最もシンプルなもので49段階、複雑なもので126段階の工程に分かれています。その全てのパートで、熟練した職人による作業と、新しいスタッフの教育が行われており、その縫製技術が最高級のレザージャケットを作り出すのです。
一方で、コンピューターによるデザインや商品管理をいち早く取り入れたのもバンソンの強み。マックを自在に操るデザイナー達が、流体力学から導きだされた最先端のレーススーツや、バイクを降りても着たくなる洗練されたジャケットデザインを作り出しているのです。また、バンソンの商品には一つ一つにシリアルナンバーが付属しており、その全てがコンピューターでデータベース化され、徹底した品質管理が行われています。
アナログとデジタルを見事に融合して作り出されているバンソンの製品。その一つ一つの工程は、バンソン社が設立当初よりこだわってきた職人達の熟練された技術によって成り立っているのです。

HPから引用

 

Life is good

 - IMPORT, MENS, VANSON, 別注アイテム , , , , , , ,